多汗症

多汗症

多汗症とはどんな病気なの? – 多汗症の種類と治療法

「やたらと汗が多いなぁ」と思っていても、普通よりちょっと汗かきなのか、病気なのか判りにくいですね。多汗症と言っても、種類も原因もいろいろです。ここでは多汗症についての知識を解説します。
多汗症

味覚性発汗とは?

激辛カレーなどの刺激物を食べると汗が出るという経験は誰でもあるでしょう。食べ物が原因で汗が出る場合を”味覚性発汗”といいます。
多汗症

精神性発汗とは?

夏場の暑い時期ではなくても、緊張すると手や顔に汗をかくのは誰でもあることです。汗の主な働きは体温調節ですが、緊張して汗をかくのは体温調節のためではなく、精神的原因によるもので「精神性発汗」といいます。
多汗症

温熱性発汗とは?

多汗症の記事には、「温熱性発汗」という言葉がよく出てきます。温熱性発汗とは、暑い時や激しい運動の後に出るような汗です。体温調節機能として、汗の最も大切な働きです。
多汗症

食事での異常な発汗は味覚性多汗症かも…

辛いものやスパイシーな香辛料などを食べた時は、誰でも汗が出ます。汗の量が異常に多い場合や、食事をするたびに汗が出るという場合は、味覚性多汗症かもしれません。味覚性多汗症について解説します。
多汗症

顔面多汗症の治療と対策

顔から多量の汗が吹き出てしまうと人目が気になります。顔面多汗症は精神的な緊張を伴いやすく、悪循環に陥りやすい傾向もあります。こここでは顔面多汗症の治療と対策を解説していきます。
多汗症

足の多汗症の治療と対策

一日中靴を履いている人にとって、足の汗や臭いは大変困りものです。足の汗がひどい場合は、「足蹠多汗症」かもしれません。足の多汗症は気付きにくいため、改善の機会を逃している可能性があります。