手汗の原因と対策のすべて

手汗の主な原因

  • つねに手のひらが湿っている
  • 仕事中、汗がしたたり落ちるくらい多量の発汗がある
  • プレゼンテーションの前に、特に手のひらの汗が気になる

このような手汗の症状は病院などで診察を受けると“局所性多汗症”と診断されるケースが多くなっており、多汗症全般(例えば、手のひら・腋の下・顔など身体の特定の部分のみに多量の汗をかくケース)で診察をうける患者の約90%は、”局所性多汗症”と診断されるといわれています。これと反対の症状となる全身に汗をかく症状は”全身性多汗症”と言います。

それでは、これら2つの原因を見て行きましょう。

局所性多汗症の原因

手のひらや足の裏、腋の下、顔など身体の特定の部位に大量の汗をかく原因については実ははっきりと解明されていないのが現状です。手汗の有力な原因としては「交感神経の反応が過敏な状態である事」ではないかと考えられています。

全身性多汗症の原因

全身に汗をかくケースでは多汗症以外の病気が疑われることが多く、甲状腺機能亢進症(こうじょうせんきのうこうしんしょう)や、糖尿病の合併症など、更年期障害(更年期障害)といった原因を突き止めやすいことがあります。

原因がはっきりと分かればその治療法や対処法もまたはっきりしますので、全身性多汗症はなんらかの対応が可能となります。

 

汗の種類

ここからは汗のしくみについて理解を深めていきましょう。手汗の原因を知る事、また対処・対策するためには汗そのもののしくみや発汗の種類を理解する必要があります

一言に「汗」と言っても、汗にはエクリン腺から出る汗とアポクリン腺から出る汗の2種類があります。手汗はエクリン腺から出る汗です。

1. エクリン腺から出る汗

エクリン腺は身体の皮膚表面にある非常に小さな汗腺です。

爪や唇、耳などを除き、身体中に広く分布していますが、額や手の平、足の裏などは密に分布しています。手や額に汗をかきやすいと感じるのはそのためです。

エクリン腺が非常に小さく、広範囲に分布しているのは、小粒の汗を広く出した方が蒸発しやすく、気化熱として放熱しやすいからです。エクリン腺の汗は血漿の成分とほとんど同じで、99%が水分で、他はナトリウム、カリウム、塩素、アンモニウム、尿素などが微量に含まれています。

汗として出す時に、汗腺の働きにより、水分以外の成分を再利用するべく取り込みます。エクリン腺は霊長類の一部や人間などの高等動物にしかなく、身体中にあるのは人間だけです。

2. アポクリン腺から出る汗

腋の下や性器周辺などに分布し、臭いを発するためのフェロモン系の汗といえます。

進化的にはアポクリン腺が古く、多くの動物が仲間の識別や異性を引き付ける役割をしています。人種によってもアポクリン腺の数が違うことが知られています。汗の成分もエクリン腺の汗とはかなり違い、タンパク質・糖質・脂質・鉄分・アンモニア・ステロイドなどで塩分は僅かです。ワキガなど体臭のもとになるのもそのためです。

手汗はエクリン腺から出る汗です。エクリン腺から汗が出る仕組みをみてみましょう。

手汗への対策①

エクリン線…汗を出す/アポクリン線…ニオイを出す と覚えましょう。手のひらには他の部位より多くのエクリン線があるため、汗をかきやすくなっています。また、手汗の多い人はこのエクリン線の数が他の人と比較して多い事がわかっています。この手汗の原因となるエクリン線への対処を行えば不快感から解放される事ができます。

手汗専用対策“ファリネ”がおすすめ

 

なぜ汗が出るのか?

人間は恒温動物なので、体温を一定に保つ必要があります。腋の下で36.5度くらいだと、身体の深部の温度は37.2~3度になっており体内の代謝や酵素や免疫力が最も活発に働きます。32度以下になると意識を失い、43度以上になると酵素のタンパク質が変性します。ちょうど良い37度前後に体温を維持するために、体温調節のための発汗は不可欠な機能です。

発汗も含め血流や内臓の働き・免疫系・体温維持・呼吸など、意思に関係なく体内の調節が滞りなく行われているので生命活動ができます。その調節をしているのが自律神経です。交感神経と副交感神経という対照的に働く神経が、シーソーのようにバランスをとって体内を常に一定の状態に保っています。交感神経は活動系、副交感神経はリラックス系のイメージです。自律神経が手汗にも大きく関っています

手汗への対策②

自律神経による影響は交感神経と副交感神経のバランスの崩れです。交感神経が高まる事によって手汗を発症しますので、自律神経のバランスを整えるように、きちんと休息や食事をするなど、交感神経に片寄らないような生活を心がけることが大切です。

汗が出るしくみ

発汗の最も重要な役割である体温調節の場合を例にとります。

皮膚からの温度情報が脳の自律神経の中枢である「視床下部」に伝わり、視床下部は熱を作るか放出するかの判断をして、交感神経に指令を出します。中枢からの指令信号が交感神経を伝わると、神経の末端からアセチルコリンという伝達物質が出て汗腺に伝えると汗腺が働き、暑い時は汗腺から汗を出して体温を下げます。発汗は最終的にはどんな発汗であれ、交感神経の指令によります。

発汗の種類

発汗のほとんどは体温調節のためですが、それ以外にも汗が出ることがあり、その原因から発汗は大きく次の3つに分けられます。

①温熱性発汗

温熱性発汗とは体温調整津のための発汗になります。人間は恒温動物ですから、体温が著しく上昇(高温)すると体の機能がうまく働かなくなってしまいます。

風邪を引いた時や運動の後に汗が出るのはこの温熱性発汗によるものであり、脳から体温を下げるために汗を出すように指令が出ているのです。

この時、手汗や足汗といった手や足の部分で発汗するのではなく、全身で発汗するのが特徴です。


 

②味覚性発汗

味覚性発汗は、辛いものなどの刺激物を食べた時に出る汗です。

主に頭部や額、顔などに汗をかき、手のひらに汗をかくことはほとんどありません。

これはすべての人に起こり得る生理現象ですので特別悩む必要はありませんが、重度の味覚性多汗症の場合、一般的な味覚性発汗に比べて大量の汗が出るケースがあります。

覚性多汗症の原因ははっきりと解明されていませんが、下記で説明する精神性発汗との関係があると考えられており、改善するためには精神的な部分での治療を並行して行う必要があるとされています。


③精神性発汗

精神性発汗は緊張した時や興奮した時に出る汗です。

ストレス・緊張・不安などの精神的な面が発症の原因であり、自律神経の乱れによってエクリン線から汗が出ます。

手汗の原因となるのはこの精神性発汗であり、その他にも、足汗、腋の下、額にも発汗の症状が見られます。

ポイント

これ以外に病気やホルモンのアンバランスが原因の発汗もあります。温熱性発汗は、外気温など皮膚の温度情報によります。味覚性発汗は文字通り味覚情報によります。それらに対して精神性発汗は、緊張や不安などの精神的な要因が引き金となります。

精神的ストレスが発汗につながるのはなぜ?

誰でも緊張したり興奮すると、手に汗をかきます。

緊張や不安などがあると、脳内の扁桃体という情動を担当する部分が不快と判断して興奮します。それによりコルチゾールというストレスホルモンが分泌され交感神経に情報を伝え、発汗を促します。

コルチゾールが分泌されると、セロトニンという物質の分泌を抑制します。セロトニンは、情緒安定や食欲・呼吸・睡眠などに関り、様々なストレスから身を守り、安定して活動しやすい状態を作り出す働きをしています。精神的ストレスでイライラしたり食欲がなくなるのはそのためです。

通常は交感神経と副交感神経が自律的にバランスをとり、私達は特別意識しなくてもつつがなく安定して活動できます。

ところが緊張や不安が続くと、扁桃体は頻繁に興奮してコルチゾールを分泌し、交感神経に指令を出します。あまりに頻繁だとコルチゾールが一時的に出っぱなしの状態になります。

発汗の指令が頻繁に出されると、それだけ汗が出ます。そして汗腺の密度が高い手の平の汗は多くなります

精神的ストレス ➡ コルチゾール分泌 ➡ 交感神経刺激 ➡ 発汗指令

というのが精神的ストレスで発汗するしくみです。

 

手汗への効果的な対策と対処法

手は非常に敏感なので、汗をかくと額や足などよりはるかに意識されやすいため、手汗への意識自体もストレス要因になりやすく、ストレスが精神的負荷となって手汗が助長されるという様な悪循環を招くことも考えられます

ですから、一時的な対処だとしてもまずは手汗を意識しなくても済む状態へと対策していく事が大切です。

また、対症療法的な対策(例えば制汗剤などの使用)は一時的な対策でしかありませんので、根本的な手汗の改善には結びつきません。手汗の原因は精神的発汗による場合がほとんどですから、精神的ストレスを軽減するのが根本的な対策となります。ただストレスの原因が職場や家庭など日常的な場だと、簡単に取り除く事が難しいこともあります。

以下より、一時的な手汗の対策と副作用がなく誰でもできる対策をご紹介します。

一時的な手汗の対策方法

先述した通り、手汗をかく事で受けるストレスを軽減するという意味で、一時的な対策だとしても手汗を抑制する(意識せずに済む)事は大切な事です。なぜならば、根本的な手汗の治療を行うには時間も費用もかかるからです。

また、手汗で悩む事は深刻であり、例えば

  • 恋人と手を繋げない
  • 手が濡れている事で子供が学校でいじめにあう
  • 手汗で大切な書類がシワになる
  • スマートフォンやタブレットが操作できない

この様なことが実際に起きている事であり、これらの悩みを解決する方法としても一時的な対策は非常に効果的だと考えています。

一時的な対策方法としては、制汗剤の使用が考えられます。

但し、ドラッグストアなどで市販されている、主にワキ専用の制汗剤(デオドラント)では手汗を抑制する十分な効果はありません。これは、手のひらには他の部位より多くのエクリン線があるため、汗をかきやすくなっているためです。

ですから手汗専用の制汗剤を使用する事が効果的な対策と言えるでしょう。以下はおすすめの手汗専用制汗剤となります。