男のすそわきが – すそわきがは女性だけの病気ではない

 

すそわきがとワキガは原因が同じです。

ワキガが男女両方にあるように、すそわきがも男女両方にあります。すそわきがの情報や対策商品は、女性向けの方が圧倒的に多いですが、悩みは男女共通でしょう。男性のすそわきがの基礎知識をまとめました。

 

1. すそわきがの原因は?

腋汗が独特の臭いを発することをワキガ(腋臭症)と言いますが、陰部からワキガ臭を発するのを「すそわきが」と言います。原因はどちらもアポクリン腺という汗腺から出る汗の成分です。汗そのものは無臭ですが、汗の成分が、皮膚の常在菌によって分解されてニオイ成分になります。

アポクリン腺は、腋(わき)の他、陰部、外耳道、乳首の周り、へそ、肛門周辺にあります。アポクリン腺は毛根と同じ所にあるので、腋や陰部の体毛のある部分が臭いの発生源となります。ですから、すそわきがとワキガの両方でお悩みの方も多いでしょう。

すそわきがの原因はアポクリン線から出る汗の成分です。ワキガ臭の原因はすそわきがも同一ですので、すそわきがの方はワキガである可能性もあります。ワキガかどうかチェックしてみる事をおすすめします。

 

すそわきがと陰部の臭いは区別が難しい

すそわきがのワキガ臭の原因は、アポクリン腺の汗ですが、陰部(性器周辺)は他の原因でも臭いが発生しやすい所ですからニオイを特定するのは難しくなっています。

アポクリン腺は毛根の所にあり、皮脂腺と同じ毛穴にあります。皮脂腺から出る皮脂も、常在菌に分解されると臭いの原因となります。男性の場合は、尿の後で性器を拭くことがないので、下着に残尿がつくと、それも臭いの元になります。皮膚の垢も臭いの元になります。アポクリン腺が原因のすそわきがか、それ以外の原因による臭いか、なかなか解りにくいものです。

男性の場合は”すそわきが”かどうか判断しにくいですので、下記より“すそわきが”を見分ける方法を解説していきます。

男性は皮脂腺が活発だから体臭も強い

皮脂腺は男性ホルモン(アンドロゲン)の影響を強く受けます。アンドロゲンは女性ホルモンにも含まれていて、男女両方にありますが、当然、男性ホルモンは男性に多いです。男女共、皮脂腺は同じようにあります。男性の方が、毛が濃くて肌が脂っぽいのは、男性ホルモンの影響が強く、皮脂腺が発達しているからです。

男性の場合は、胸毛や陰毛など毛の多い所は皮脂腺からの分泌も多くなります。それらの皮脂腺からの皮脂が体臭の元になる場合が多いのです。男性の場合は、皮脂腺の皮脂などによる臭いか、アポクリン腺の汗による、いわゆるワキガ臭なのかの判断は非常に難しいといえます。皮脂腺も、アポクリン腺も、性ホルモンによる影響が強く、刺激される要因もほとんど同じなのです

すそわきがかどうかを見分ける方法

アポクリン腺は体質的に、多い人と少ない人がいます。

アポクリン腺が多いのをワキガ体質と呼び、優性遺伝しますので、親や兄弟がワキガ体質であればワキガの可能性は高くなります。

アポクリン腺は、腋(わき)の他、陰部、外耳道、乳首の周り、へそ、肛門周辺にあります。すそわきがの他に、それらの部位も臭う場合は、ワキガ体質の可能性があります。アポクリン腺が原因のすそわきがかどうかをチェックする方法を下記に掲載しました。いずれかに当てはまるようであれば、すそわきがの可能性が高いでしょう。もし当てはまらなければ、嫌なニオイの原因は皮脂腺の皮脂や皮膚の垢などが要因となっているかもしれません。

  1. 耳垢が湿っている
  2. 家族にワキガの人がいる(耳垢が湿っている)
  3. すそわきがの他に、腋のワキガもある

上記①~③についてよく解らない場合は、まず陰部(性器とその周辺)を清潔にして、それでも臭いが強いのか確認してみましょう。白いブリーフに変えるなどして、パンツの色と臭いをチェックすることも効果的です。

上記の項目のどれかに該当していて、加えて、パンツに黄ばみがあったり、下着から強い臭いがする場合は、すそわきがの可能性が高いでしょう。

もしかしてワキガ?ワキガ体質7つのチェックポイント

2016.04.04

 

3. 男のすそわきが対策

男性の場合は、清潔にすることや臭いのケアに無頓着な場合も多いようです。すそわきがはワキガ臭と陰部の臭いが一緒になって臭いが強まることが多いです。まずは清潔を心掛けましょう。

対策①:清潔を保つ

汗や皮膚の垢は臭いの元になりますので、清潔に保つことが第一歩です。

  • 面倒がらずに、毎日入浴する
  • 陰部を丁寧に洗う(弱酸性の低刺激の石けんを使う。洗浄力の強い洗剤は、界面活性剤を多く使っているので要注意)

殺菌作用の強い洗剤は、皮膚の常在菌のバランスを乱し、逆効果になる場合があります。

通気性の良い下着をつけることで細菌の増殖を防ぐことができます。また、陰部を締め付けないトランクスタイプの下着の方が望ましいでしょう。

対策②:食生活を見直す

男性に限ったことではありませんが、男性の方が比較的、揚げ物など脂っこいものを好む人も多いでしょう。脂質は酸化すると過酸化脂質となり臭い成分になります。食べ物によって体臭が強くなることが多いのです。体臭を抑える食生活は、ダイエットや健康促進にも効果があります。パートナーにも喜ばれるでしょう。

  • 動物性タンパク質、動物性脂肪の多い食品は、臭いを強める原因となります。肉類は少なくして、魚や植物性タンパク質で取るようにしましょう。抗酸化作用のある緑黄色野菜を多くとり、バランスの良い食生活を心掛けましょう。
  • お酒・タバコ・刺激の強い香辛料 は発汗を促し、臭いの元となります。
  • 合成添加物の多い、インスタント食品・加工食品・スナック菓子などは、酸化しやすい脂質を使っている場合が多いので、できるだけ避けましょう。

 

対策③:臭い対策グッズを利用する

すそわきがの対策グッズは女性向けとしているものが多いですが、防臭・抗菌効果は男女共通です。

女性向けのすそわきが対策グッズは低刺激で肌への配慮がされているものが多く優れものです。当然、男性が使っても効果がありますので恥ずかしがらずに使ってみましょう。

一方、ワキガ対策グッズは男性向けの商品も結構あります。

ワキガ臭の仕組みは『すそわきが』も同じですから、ワキガ対策グッズは基本的にすそわきがにも使えるものが多いでしょう。ただ、ワキガ対策グッズでも、腋汗の量的な制汗効果に重点を置いたものと、臭い対策に重点を置いたものがあります。すそわきがであれば臭い対策に重点を置いたものが効果的でしょう。

ワキガ用のクリームなどを、男性のすそわきがに使う場合の注意

  • 肌に直接つける臭い対策グッズのクリームなどは、陰毛の根本に丁寧に塗るようにしましょう。アポクリン腺は毛根と同じ所にあるので、性器に塗っても効果はありません。塗る場合は、陰部を清潔にして、水分をよく拭きとってから使用します。
  • ワキガ用のものは刺激の強いものもあります。低刺激のものにしましょう。

対策④:専門医の治療を受ける

すそわきがには、超音波や高周波などを利用した治療法もあります。健康保険の適用外なので、費用は30万円前後と高額ですが、7~8割くらいの軽減効果があるとされます。男性の場合は、脱毛がイヤという方もいるでしょう。施術法によって、脱毛せずに済む方法もあります。

すそわきがの臭いは、恋人やパートナーでもなかなか言いにくい事です。もしも指摘してくれたなら、本当に貴方の事を考えてくれている人かもしれません。一緒に改善するための協力を彼女にお願いしてみるのも良い方法でしょう。

陰部の臭いが強い場合は、稀に性病などによることもあります。臭い・色・量など、おかしいなと思ったら、泌尿器科に行って相談してみましょう。