温熱性発汗とは?

 

多汗症の記事には、「温熱性発汗」という言葉がよく出てきます。温熱性発汗とは、暑い時や激しい運動の後に出るような汗です。体温調節機能として、汗の最も大切な働きです。ここでは温熱性発汗についてわかりやすく解説します。

 

1. 汗が出る原因には3つある

汗が出る原因として大きく分けると3つあります。

です。
このうち、温熱性発汗は体温調節のための発汗で生命維持に欠かせない機能です。

ここでは温熱性発汗について説明をしていきます。

 

2. 温熱性発汗とは?

私達は、夏の暑い時や入浴後、激しい運動の後など体温が上昇した時は当り前に汗をかきますが、これが「温熱性発汗」です。汗をかけないと内部に熱がこもり、熱中症などを引き起こすので大変です。

人間は、36.5度~37度前後(腋の下の体温で)が代謝酵素や細胞活動が最も活発に働きます。体温が42度を越えると、細胞のタンパク質が変質しはじめ、生命に関ります。適温から体温が上昇すると、体温調節中枢から、体温を下げるように指令を出します。指令を受けて、全身の汗腺から汗を出すことによって放熱して、速やかに体温を下げるのです。

3. 温熱性発汗のしくみ

次に温熱性発汗のしくみを簡単に説明します。

皮膚や体内の温度情報は、脳の視床下部という所に集ります。視床下部は体温を下げろと指令を出します。指令は自律神経の交感神経を通じて、汗腺に伝わり、汗が出ます。汗の水分は蒸発する時に気化熱を奪うので、それによって体温を下げます。

 

4. 温熱性発汗の汗はどこから出るの?

温熱性発汗は体温調節のためなので、素早く熱を下げる必要があります。ですから、全身から広く効率よく体温を下げるように、汗腺が進化してきました。それが人間特有の「エクリン腺」という汗腺です。エクリン腺は全身に広く沢山分布しています。エクリン腺の汗は、99%が水分で、残りは僅かな塩分やミネラル類です。

 

5. 温熱性発汗は人によって汗の量に違いがあるの?

  • 汗腺でも、働いている汗腺(能動汗腺)と働いていない汗腺(休眠汗腺)があります。冷房の行き届いた環境で汗をかかない生活をしていると、休眠汗腺が多くなります。すると、全身から満遍なく発汗できなくなり、部位により発汗量が偏ってしまいます。ですから汗腺が怠けないように、しっかりと汗をかく運動や入浴が大切です。
  • 皮下脂肪は断熱材のような働きをするので、皮下脂肪が厚いと、体内に熱がこもりやすくなります。太っている人は汗をかきやすくなります。
  • 寒い地域に生まれ育った人は、能動汗腺の数が少なく、暑い地域の人は能動汗腺の数が多い傾向にあります。能動汗腺の数は、3歳までの発汗体験によってある程度決まります。
温熱性発汗は大切な体温調節機能です。しっかりと良い汗をかくことこそが、結果的に嫌な汗を減らすことにつながります。